フリスタいいとこ@いちどはおいで

インカレ麻雀サークル「Free Style」ブログ始めました。定例会やセット、その他活動内容を掲載していきます。麻雀好きよ集まれ!!
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
祭りの後
 こんばんは、代表のエシストです。今日は、第3回の赤龍王大会でした。




さすがに、疲れた。



あまり寝ていないという体力的な問題もあったが、自分の運営の不甲斐なさにもイライラがつのり、疲れた。



色々迷惑をかけてしまい、皆さん本当に申し訳ありませんでした。



少しでも楽しんで頂けたのなら…と思います。





本当は運営ではなく、プレイヤーとして出たかったのだけれど、残念ながら人数の関係で出られず。それとあまりにも朝、バタバタしていたのでプレイヤーとしての集中力が無くなってしまい、白石に譲ったというのもあるのだけれど。

やっぱり出たかったなーとも思いつつ、運営してたからまだアレくらいの失態ですんだのかなーとも思いつつ。



フリスタの渡辺もじゃ選手が決勝で負けてしまったのは残念。そして、昔からの知り合いであるたくぞーさんが負けてしまったのも残念ではあるけれども。優勝した真弓さんを含め、素晴らしい決勝を戦った4人に、拍手を送りたい。





ちなみに、僕が採譜をしていたたくぞーさんが負けてしまったのは内緒である(自分が採譜をした人は、1回も優勝したことが無い。もう7,8回くらい採譜しているのだけど…)。
| 独り言 | 00:53 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
赤龍王 直前セット
 赤龍王大会直前のセット。ということだからかはわからないが、久しぶりに2卓立った。





先週から来たのは、慶応大学4年のかじ。就活で仲良くなった友達だ。残念ながら(?)、彼は就職は決まっているが。彼はとにかくオーラが無い。大物手をテンパイしても、全く気配が無い。それが個人的にはかなりのツボである。

今日から参加は、自分と同じ理科大2年の服部。とにかく楽しそうに麻雀を打つ、どこか憎めないヤツである。





大会直前ということもあって、みんな少し真面目モード。それはそうだろう、何せ賞金10万円である。少なくとも宝くじよりは効率がいいと思う。

今大会は3回目であるが、1回目の大会が開催されたのは自分が大学に入った年の2月が3月だった。そこで自分は優勝し、仲川さんに誘われ、RMUやフリースタイルの代表になって。トッププロの方と仲良くなったり、自分より年下の学生とセットをする機会も増えた。麻雀繋がりで色んな人と知り合うことができたのだ。縁とはなんとも不思議なものである。


そんな感傷にひたりつつ麻雀をしていたのだが、今日はいかんせん身が入っていない。寝不足などもあるが、ぬるいプレーの連続である。うっかり字牌を切って春山に振り込んだり、東を3枚切っているとは言え国士無双テンパイの雷電に気がつかないetc…。


少し大会用の麻雀を…と思ったというのもあるのだが、あまり気にしすぎてはいけないみたいである。大会で120%の力を出す、なんていうのは無理な話。自分の力を出せる範囲で出すべきだろう。調子の悪かった人は、あまり肩肘はらないで自然に打つことを心がけて欲しい。


自分とは対照的に、この日全連帯の春山や、押し引きが良い雷電は非常に調子が良かったみたいである。このままの好調を維持して大会に臨んで欲しい。そして池内は、






初役満。何かを感じずにはいられない。




フリースタイルで優勝するぞ!
| セット | 13:57 | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |↑PAGE TOP
マーズカップ自戦記 深谷の場合
 どうも。最近、後輩にいじられるばっかりで尊敬されているのか非常に怪しい代表の深谷です。


就活等で忙しく、所属団体RMUを休会していたが、8月22日のオープンリーグから復帰。その日の結果は3331でほぼ±0。1半荘目は集中しきれずにぬるいプレーがあったものの、それ以外はよく耐えることができたのでまずまずと言ったところ。終わった後も打ち足りず、フリーに行き「明日の調整だ!」なんて言い訳(?)をしていました。


そして、23日はワンデー大会のマーズカップ。赤アリの大会ということもあり、サークル員も誘っての出場。6大学リーグ法政チームの野崎、菊池という実力派コンビと麻雀を始めてまだ半年という期待の新人・橋本。それに加え、ライセンスプロでありフリースタイル顧問の仲川氏、そして僕。


「誰か優勝したら『フリースタイルのおかげです!』と泣きながら言え!」なんて言ってたのですが…さてさて、どうなることやら。もちろん、僕自身もそろそろ勝ちたいなーとは思っているんですけどね。



1回戦
自分は北家スタート。下家にライトの人、対面に菊池、上家に仲川さんという、いきなりフリースタイルで激突。ここは負けられない…と思うも、全く手が入らない。手が入った親番でも、菊池の早いリーチがかかる。真っ直ぐ行くが、一萬が菊池の満貫にささるなど、浮上の兆しが見えない。

南3局1本場までヤキトリ状態。しかし、下家の染めをかいくぐってリーチ一発赤赤の満貫をアガり、なんとか3着目でオーラスの親番に望みをたくす。すると、

一萬二萬三萬七萬九萬一筒二筒三筒四筒四筒一索二索三索 ロン八萬(下家) ドラ無し

一筒一筒一筒六筒七筒八筒一索三索四索五索六索七索八索九索 リーチロン二索(上家) ドラ無し

一萬一萬四萬五萬 九萬ポン四萬横五萬赤六萬チー東ポン ロン六萬(下家) ドラ無し

など、4連続でアガりをものにし、4局でラスからトップ目に。最後は仲川さんが2着を確定させて、僥倖のトップで終了。


2回戦
自分は南家スタート。下家にライセンスプロの谷井、上家と対面は一般。
手は入るものの、勝負手がアガりに結びつかない。チンイツやメンピンドラ赤の3メンチャンテンパイが入っても全て流局。親もあっさり流れ、南3局までまたヤキトリ状態。1回も振り込みは無いが当然の如くラス。南3局、勝負手とは言えないもののテンパイが入る。

三萬三萬三萬五萬六萬六萬六萬七萬二索三索六索六索西 ツモ六萬 ドラ無し

奇妙な場に奇妙なツモでテンパイ。しかしこの手、裏が期待できる手ではなく、大体アガれても2,600がいいところ。それでもこれ以上は無理だと判断し、そのままリーチ。

2巡後に高めの四索をツモり(1巡回すべきだったか)なんて考えつつ裏をめくるとドラは三索で奇跡の満貫。進行が比較的小場だったことが幸いし、これで26,000点持ちの2着目に。トップ目は26,900、3着目は25,100、ラス目の親とトップ目も約4,000点差の大接戦。

自分がイーシャンテンになった所で、仕掛けている谷井が前巡に通した五索をツモ切ると、手出しが入った今テンのトップ目にピンフのみを捕まる。これで25,000点持ちの3着。どうにも具合が悪い…が、ラスを引かなかっただけまだマシというところか。



ここで昼休憩に入る。自分は終わったのが結構遅かったが、まだ橋本の卓が終わっていなかったので少し観戦することに。1回戦トップだったみたいだが…今回は残念ながらラスみたいだった。しかし、誰が麻雀を始めて半年だと思うだろうか。点数計算はできないとはいえ、大会に出るのも当然初参加。堂々と打っている。フリースタイルの集まりはほぼ毎回と言っていいほど参加しているからだろう、これからの成長が楽しみな人材だ。後に、実力派の菊池をも「橋本は上手い」と言わせるのだから、その成長は押してしるべしだ。



3回戦
自分は南家スタート。上家に一般、下家にライトの櫻井、対面にアスリートの渡辺。東1局の1本場に簡単に満貫をアガるが、それからは上家の一般が1人突き抜ける展開に。南3局、渡辺のリーチが入った時にこの形

一萬二萬三萬三萬四萬五萬六萬七萬七萬七萬八萬九萬八筒 ドラ七筒

配牌はそうでもなかったが、立て続けにマンズを引いてこのイーシャンテン。しかし、余剰牌を字牌等に切り替える暇なく八筒が残ってしまっている。リーチ後に渡辺がツモ切った七萬をポンして絶交の三萬六萬九萬待ち…になるはずだったのが、この八筒で満貫を振り込んでしまう。仕方無いと言えばそれまでだが、素点を20ポイント以上損した計算。沈みの2着で終了する。



4回戦
自分は西家スタート。対面にライセンスプロの山田、上家と下家は一般。自分はほとんどボーダーライン上なので、最低でも浮きの2着を確保しておきたい所…だったのだが、自分のミスもあって上家の人が突き抜ける展開に。トップが偉いこのルールでは、こうなってしまうと非常に苦しい展開になってしまう。唯一手が入った南場の親も、トップの上家の人に軽く流され、またしても沈みの2着で終了。



3回戦終了時点のボーダーラインぐらいだったので、ほぼダメだろう…と思っていると、案の定予選落ち。全体的に粘れたとは思うのだが、勝負手で親番にアガれなかったのがキツかった。こうして、またしても念願叶わずマーズカップは終わりを告げた。



フリースタイルで唯一、準決勝に残ったのは最初に同卓した菊地。厳しいところを連続トップで一気にかけあがってきた。勢いはあるはず!…と思ったが、更に勢いのある藤中プロを止めることはできず、菊地もここで敗退。

「藤中さんは本当に強かったです。でも勉強になりました」

と言った菊地の言葉通り、藤中プロは決勝も勝負手を全て決めて、優勝した。



今度こそは、フリースタイルのメンバーが優勝を…を合言葉に、また勉強していこうと思う。
| - | 22:32 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
マーズカップ 橋本の場合
8月23日、バドミントン団体戦をキャンセルして初めての麻雀の大会に行ってきました 新人のはしもとです

初めての大会で初めての場所ということで 代表に頼んで有楽町駅で待ち合わせ
もちろん待ち合わせ10分前に到着(´・ω・`)b 誰もいねぇ・・・

よくある、よくある と思いながら定刻に代表到着 あと2名


代表に「これ時間大丈夫ですか?」と聞くと

「どうせ遅刻するだろうと思って待ち合わせ時刻早めに設定しといた!!」

さすが代表(´・ω・`)b その5分後、1人来て、あと5人 そのまた5分後、最後の1人からメールがくる


 「今、東京」


 想定の範囲外・・・ 見事に1分遅刻して会場入り。RMUである代表は怒られていました。 ドンマイです


そして 初めて麻雀大会の空気に触れて一言



うわ、おれ若くない?(もちろん最年少らしい)(´・ω・`)



さて、マーズカップの始まり始まり〜 緊張もとけない1回戦、起家好きの僕はもちろん起家をゲット

 あ、これ今日いけそう(´・ω・`)

そんな第1打、浮いている二萬をリリース その後、理牌して気づく


 あ、三萬あるやないの・・・…(´・ω・`)



秘技!両面塔子落とし!! なんて言ってる自分 もうダメかな、なんて思う・・・orz


そんな僕を励ますかのように、ツモがピンズ混一気味に伸びる というか超無理矢理染める
面前じゃ遅すぎると思い警戒覚悟の北ポン 数巡後、發を暗槓、嶺上牌で手が進む
 更に数巡後、北を加槓、嶺上牌で聴牌←遅い



六筒九筒 待ち ここで振聴ロンの常習犯である僕は自分の河を見渡す ・・・


よし(´・ω・`)九筒がある



WHY??なぜ?? これは理牌ミスって不要牌にまじって一緒に切っちゃんたんですね



 よくある、よくある



ありません?



その直後、下家が九筒をきる (´;ω;`)
しかし1巡後、涙目の僕が山からもってきたのは六筒

神様!!(´;ω;`)


 三筒三筒三筒四筒四筒七筒八筒 發暗カン北追カン   ツモ六筒


混一・發・ドラなし 4,000オール 得点は他人まかせ
 「4,000オールですね」と言われ 橋本に電流走る

 WHY??なぜ?

1回戦終了後、冷静になって気づく あ、80符……(´・ω・`)

かなり暴走ぎみだったが、あからさまに染めて他家をうまく抑えつけてあがりました とポジティブに評価してみる

リーチはいったらどうしようかとドキドキでしたがみなさんきっとダマンガンをはっていたことでしょう
 ぶっちゃけ發を暗槓した時点で60符あるのだから北の加槓はいらなかったよ
槓は計画的にね♪


その後、安い手で場はドンドン進み(1回戦) 東4局(多分)!! 早い巡目で


二筒二筒三筒三筒四筒四筒七筒七筒一索一索二索三索四索 ドラ無し


という一盃口のみのテンパイがはいる
 お金持ちの僕はもちろんダマちゃん♪←仲川さんすいません

1巡後、あ、これ七対にも移行できるなと気づく←遅い
そんなところにもってきた二索 とりあえず四索をきって、またいい感じの単騎待ちに変わるまでダマちゃん♪

1巡後、あ、これ二盃口……(´・ω・`)←遅い

人生で1度も二盃口をあがったことのない僕は立直・七対・裏裏を捨てダマちゃん♪
出和了り5,200ってさみしいなぁとか思ってたら上家からリーチが入る

 さて……おりようか……(´;ω;`)

とか思って持ってきたのが三索


神様!!(´;ω;`)アーメン!!

と思いながらの満貫ツモ 嬉しすぐる
その後も絶好調で 二索五索八索待ちで五索赤をツモって2,600オールだったり もろひっかけのカン八索で満貫を出和了ったり 終わってみれば6万点のデカトップ

今日、いけるじゃん!! とか思ったのも束の間 2回戦、ラスをひいてしまう ・・・

(´;ω;`) 昼、仲川さんにごちそうになりながら
 「はしもつは3着、デカトップでも予選通過できるんじゃない?」
 と言われ 3回戦、見事に3着!!シナリオどおり!!

 東場で満貫、親満に振り込み、持ち点3,000点となるも 南2局で(たぶん)
 六筒九筒待ちを一発高目ツモ
 立直・一発・平和・断ヤオ・ツモ・赤の跳満で 滑り込み3着

4回戦、予選通過に必要なのは35,000点持ちのトップか 6,5000点持ちの2着!!

ねーよww



結果は・・・


43,000点・・・







2着!!






 ねーよww

東1で起家の対面さんが暴走 南場の親でも稼ぎ、気づけば56,000点持ち
もう無理だと思っていると、対面さんから親リーが入る

まだ取るの(´・ω・`)?
とか思っていたら上家さんも追っかけリーチ!! その直後、


 一筒一筒一筒二筒三筒一索二索三索四索五索赤東東西 ツモ一筒 ドラ一索

この手には自信があった
 少しでも高い手を作ろうと1sと赤5sを使える形までなんかいろいろがんばって伸ばした気がする

最終的には一筒四筒東待ちの予定だったが なぜか一筒をもってきちゃったので


 追っかけ記念リーチ!!(ここで奇跡を起こさなきゃもう追いつけない的な感じで)


対面さんに一発で出せと念じるが思い通じず・・・

(´・ω・`) 下家さんでもおけ!なんて思うがここからも出ない・・・



自分のツモ、他家の当たり牌だけはやめて!と願いツモった牌は六索



東東一筒一筒一筒一筒二筒三筒一索二索三索四索五索赤 ツモ六索 ドラ一索 ウラ六索


立直・一発・ツモ・ドラ・赤・ウラの跳満

け、計画通り!!

地味に2、3回あがって2着についていた僕は
この親かぶりで一気に近づいて 8,000点差
(だいたい) 南2局、2,000点を直撃して4,000点差で親番を迎える



そして何もできずに親番を終える (´;ω;`)



オーラス たしかひとりテンパイでも逆転できない点差
 自分のラスヅモでツモなし記念リーチ

海底牌は対面さん

もちろん僕の当たり牌はでない 無念……(´;ω;`)




こんな感じで初大会は終了

4回戦は1度も振り込まなかったことを褒めてあげよう
 
結果は24位でした。代表は23位だったらしいです。
なんか全体的に一発とか赤とかにたすけられた気がします



ちなみに、仲川さんは100点差の17位で準決勝には進めず、逆に目立ってました


でもやっぱプロの人は違うなーと思ったり。いつかたどり着くために!そう思って再び麻雀をするはしもとでした



 そしてなんでだろう 昨日(28日)、代表から 純全・ドラ3のダマ18,000をあがったことのほうが何よりも嬉しいです
| - | 23:22 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
前半戦リトライ
久しぶりの更新になります。今まで活動をしていなかったわけではないのですが、当方バタバタしており滞っていました。これから定期的に更新できるよう頑張りますのでよろしくお願いします。

7月10日の活動は、久しぶりに沢山の人が集まりました。フリスタ杯第3位の実力派雀士、西畑さんやその相方の堂馬君を始め、ミスター下ネタのヒガン、皆勤賞と言っていい雷電、そしてやる気マンマンな新人の飯塚、斎藤、橋本、春山というメンバー。



人数が多いというだけでやっぱり盛り上がりますね。 久しぶりの西畑さんは、麻雀はいかんせん不調でしたが、口は絶好調。今日の名言は、「本物にはにごりがある」です。彼いわく、自分は「雀コロ」だとか。言いえて妙ですね。彼も僕と同じく、麻雀をする時間が1番長く、楽しみだったのだろうなあと思います。

最近はそういう「麻雀馬鹿」が減ってきたような気がするので、親近感がすごいありました。サークルのみんなにも、これくらい麻雀を好きになって欲しいです。 最近は、後輩を教えることが多い自分ですが、彼らがどんどん上手くなっていくのを見るのがとても楽しく感じます。特に今日は、自分をシビれさせるアガりを何回も目撃したので、かなり感動してしまいました。 今日の最後の半荘の出来事。 バランスの取れた打ち筋が持ち味の春山君がまずは見せてくれました。

 二萬三萬三筒三筒五筒五筒五索六索六索七索七索東西西 ドラ二索

これが確か、東1局西家、8巡目くらいの手牌。普通ならば、メンツ手を見て東をリリースする人が多いと思います。実際、自分も東を打つのですが、彼はここから打三萬。その次に東をリリースして、それを雷電がポン。一索四索の満貫テンパイをします。しかし、彼はここから四索を2枚重ね、二索タンキでリーチ。

三筒三筒五筒五筒二索四索四索六索六索七索七索西西

一発で二索をツモりました。 今の自分には、恐らくアガれないであろう手順。いやー、本当にシビれました。 そして不思議系雀士の雷電。僕から激を飛ばされることの多い彼ですが、今日はシビれさせてくれました。 東4局西家、5巡目くらいの手牌。

 二萬二萬二萬四萬七萬七萬一筒一筒四筒五筒赤七筒七筒八筒西 ドラ七萬

一見不要牌に見える四萬。しかし、西を切って彼はこれを残しつつ進めます。中盤から一気に手牌が変化を見せ、三萬五萬赤七萬と連続で引き込み

二萬二萬二萬三萬四萬五萬赤七萬七萬七萬四筒五筒赤七筒七筒

のダマ12,000を出アガりました。あの手牌からは、タンヤオへの鳴きも見て自分も四萬を残すので、雷電やるじゃないか…と思いつつ見ていましたが、まさか12,000になるとは自分も思いませんでした。 しかし、そんな打撃戦を制したのは斎藤君。ラス目から、春山君への国士無双直撃という、劇的な幕切れでした。




ちなみに、代表である自分はというと。1回だけ打った半荘のオーラス、西家でトップ目の飯塚君とは5,400点差。6,400以上か1,300・2,600条件というところ。

 二萬二萬四萬六筒四索五索七索八索東東西西西中 ドラ六筒

普段なら中を切るけれども、親が白をポンしているので、ここは我慢して打四萬東二萬がアンコになれば、1,300・2,600条件を満たすためです。直後のツモは東。ここまで来たら中を勝負し、三索を引いて六索九索リーチ。親から六索が出るも、当然見逃し。そして六索ツモで、1,300・2,600で華麗にトップ…かと思いきや、裏にいたのは北

 二萬二萬三索四索五索七索八索東東東西西西 ドラ六筒 裏ドラ東

見逃した俺が馬鹿みたいでした。 そう言えば、最近よく役満が出ます。

1ヶ月くらい前にやったセットでは、1年生の佐伯君が 3巡目か4巡目にドラアンコのツモスーリーチ。結局ツモりました。



 んで、つい先日の7月7日、七夕。橋本君がスーアンコーをアガったのですが… 役:ダブリー・一発・スーアンコー 振ったのは私、深谷。



どうやらフリスタは、とんでもない新人を発掘してしまったようです。
| 独り言 | 01:07 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
お久しぶりに

すいません更新遅れました。雷電です。

今日は新人のS君が定例会に参加してくれました。
そんな中、代表が途中抜けし、新人君二名と池内君、雷電で卓を囲むことになりました。
仲川プロに卓外から指南を受けながら半荘スタート。
・・・・・・久しぶりにクソ長い半荘でした。なんと一時間五十分に及ぶ大熱戦!
流石に長すぎる。なんせたったの一半荘で約二時間ですよ?
僕、対局中に何度も女の子に目が行っちゃいましたよ。
※たぬという雀荘は女の子がアツい!





ぶっちゃけ南二局目で心が完全に折れました。
余談ですが、リーチ、ポン、チー、カンが無いのにツモ番が回ってくるのが数分かかるのは初体験でした。
今回の定例会は課題が色々見えた一日となりました。
定例会後、仲川プロにごちそうになることになりました。
御飯をごちそうになりながら皆で星について語り合いましたとさ。
                                                   



                              管理人・雷電

| 独り言 | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
( ´∀`)(´∀` )( ´∀`)アヒャヒャヒャヒャ





どうも。


♪One Night Carnival 夢の夜〜、女たちをメロメロにすーるー



「オレ、トイレで大便した後・・・ケツふかねーから」



Angel!!  Ahooo!!



どうみてもヒガンです。

 

 

…って、はじめましてですね!!


mixiの日記をメインにやっててぇー、そっちにーネタ日記ー書いてるーみたいなぁ?(ギャル風のしゃべり方で)

( σ´∀`)σアヒャヒャヒャヒャ


最近更新が少しできてなくてネタがないのに深谷氏が無理矢理こっちで書かせようとするとかジーマーベーヤーすぎる。ドМのくせに!ワラ

 

まずなんでヒガンって呼ばれてるかって言うとですね、



さて、話は飛ぶけれど、うどんが10食分入って298円って安すぎじゃね?


そりゃほっしゃんも鼻に入れたくなるわな!


…違うか!

 

えっと簡単な自己紹介をさせてもらうと


HP ???
MP ???
 ???

 

ラスボスか!!!

 

まぁ簡単に言うと『現在の医学では解明できない病を患ってるキャラ』ってことですかねHAHAHAー!!!

 


て、ゆーかさ、オレすんげーこと気づいちゃったんスよ…




斜体にすると、名言…っぽくなる


ちなみにこれを会話形式にすると、


「ねーねーヒガン君、斜体にすると名言っぽくなるんだょ??」

「ふーん」

「んあ、試してみて?」

「えー、めんどい」

「むぅ…いじわるぅ。」

「…しょーがねぇなぁ、やったる」

「ホント!?ヒガン君意地悪だけど超優しいんだかんね!」

「お前の頼み断れないだけ」

「ふえ、ありがと。じゃぁヒガン君…やって☆」


となります。



…ならねーよ。


では早速。



ロン、タンヤオ平和ドラドラ、8000は8300 ―ゲーテ



お前の待ち牌?あぁ、ワンパイだよ ― ニーチェ



アカギはん・・・それや ― ウラベ

 

どーよ?


くだらねぇwww超くだらねぇwww

 


まーまーそれは置いといて、この前のことね。


先週の金曜のオレは確か…


彼女と夜景を見に行ってたとか行ってなかったとか!?

 

はいはい水道橋のたぬで麻雀打ってましたよ。

@たぬ

・・・

オレ自重www


今日はエシさん(深谷氏)、雷電、池田氏、合田氏、池内くん、おれ、1年4人。

遅れてきた人途中で帰った人いろいろいっけど、そんな感じ。

みんな麻雀の話ばっか。どんだけだよ!もっとさ、総務部に入ってきた新人君がさ…とか、丸の内の駅前のパスタ屋行ったんだけどさ…とか、違う話しようよ!

・・・

OLか!(解答時間1秒、配点85点、正答率90%)

あと、ピッチャーでパワーDと言えばさ…とか、審判にボール投げてみたくね?舌ベロだして…とか。

・・・

ガルベスか!(難易度A+、配点15点、正答率30%)


ちなみにフリスタに入ると100点が取れるようになります。

んで、まぁ2卓でワイワイしたりヒソヒソしたりしながら麻雀。
@たぬ2

ちなみにこの写真の半荘は1年生の佐伯君がジーマーベーヤーすぎるツモを連発。でかい手の時に限って親のオレ涙目。んで彼デカトップでオレ飛び寸前のラスなの(笑)

んで唯一の…ん?これ跳満じゃね?跳満確定じゃね?
うおっしゃぁーおめーらの当たり牌は使いきっとんじゃボケーリーーーチィー!!!

って言ってみたらやはり佐伯君の3枚切れのカンチャン待ちダマテンの1300にぶっ刺さる神業。


くやしいのぅwwwくやしいのぅwww


んで1年生に負けて2着。


くるしゅうないぞwwwくるしゅうないぞwww


どうみても苦しいので9時にてお開き(ワラ

 

…んでみんなで揚州商人って言うたぬの近くにあるラーメン屋に食べに行って、SMAPはEXILEから一人補充すればいいよねって話をしたり、黒人って黒いだけでバスケうまそうに見えるよねーって話をしたり(パクり)、GWって合田ワールドの略じゃね?って話をしたり(ウソ)、フォー!!ってなったりして、解散!!




おもちろかった☆おれの書くことこれでおわり☆また機会とネタがあった時は書きたいと思います!合田さん、ごめんなさい!差し馬分で許して!ワラ


ばいばい(・∀・)ノ シャンティ♪

PS. みんなコメントくれないと泣いちゃう…(ウッウッ


 

| - | 18:54 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
セットレポートACT2
どうも、管理人の雷電です。久しぶりにブログ更新です。遅れてすいません。



先週の金曜、フリスタセットがありました。
今回は法政大で麻雀を打つことに。






いやぁ、麻雀って素晴らしいですね。卓と牌があればどこでだって打てるなんて!素晴らしいの一言に尽きます。
そして、今回新人君二名が参加してくれました。
フリスタメンバー諸君は新人君にはいろんな意味で負けないよう頑張りましょう!僕はほぼ負けてますね、なんとなく。
麻雀後、僕と深谷代表、合田幹事で寮へ・・・競技チンチロ、競技サンマと熱い戦いをしましたとさ。次回あたりにこの熱いバトルについて書きたいと思います。
PS.フリスタメンバー諸君!今度からセットは基本金曜に行うことになりました。
| - | 00:45 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
セットレポート
先週の金曜日、セットを行いました。
フリスタのセットが今度から金曜日に変わるそうです。
今回お世話になった雀荘は水道橋のたぬです。
「水道橋のたぬ」は綺麗な娘が多いです!是非一度足を向けてください。








メンツは顧問仲川・池ちゃんこと池田君・池内君・ちーきくこと菊池君・合田君、雷電の六人。


途中、顧問と池内君が抜けましたが、とりあえず打つことに。
会話の少ないガチセットでした。フリスタで長時間ガチで打つのは久しぶりでした。
今回は特に何があったわけでもなく、普通に麻雀を打って解散というフリスタでは珍しい出来事があったくらいです。

余談ですが、エシストこと深谷君がドタキャン。理由を聞いた瞬間マヒャド食らった気分でした。
                                   管理人雷電

| - | 01:10 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
スポーツカーニバル
こんにちは!微笑みの貴公子こと、フリスタ代表の深谷です!(嘘です)

もう3月も終わろうかというこの季節、すっかり暖かくなってきましたね。花粉症の人には本当に辛い季節かと思います。かくいう私も花粉症にすっかりやられている1人であり、花粉症じゃない人を見ると憎たらしくてしょうがないです。


そうそう、先日WBCの決勝がありましたね。麻雀という競技をやっている人は、そういう勝負事を見るのが好きな人が多いのか、すっかりその話で盛り上がっていました。

私はその日、就活で忙しくて全てを見ることはできなかったのですが、移動中にワンセグで見ていました。その場面が城島のゲッツーだったのでがっかりでしたが、勝ったのを聞いて本当に嬉しかったなあ。この後、サッカーとフィギュアもあるから一緒に応援しましょう!


まあスポーツの話はこれくらいにしておき。今年度最後のセットは、白石副代表、仲川顧問、雷電寮長、ヒガン、クッキーという面子。今日は、何かが起こる予感…?







起こった!


大三元!これをアガったのは、白石副代表!結果は…



2着!



状況を説明しよう!途中で雷電寮長が抜け、その後を継いだ白石は、すでにラス前。トップ目のヒガンが、リーチをして


三萬四萬六萬六萬二筒三筒四筒二索二索三索三索四索四索 ドラ無し ツモ二萬


こんな3,000・6,000をツモる。すると、白石とヒガンの点数は5万点弱に。

「なんだよ、これじゃ役満ツモっても2着じゃねえか!」

なんて冗談のように言っていたところ、本当にツモっていた人がいました。



あと1週間したら4月。新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!もし少しでもこのサークルに興味を持ってくれた人がいましたら、ご連絡ください!麻雀サークル[Free Style]は、皆さんと麻雀をして、遊べる人を待っています!
| - | 01:23 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP