フリスタいいとこ@いちどはおいで

インカレ麻雀サークル「Free Style」ブログ始めました。定例会やセット、その他活動内容を掲載していきます。麻雀好きよ集まれ!!
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 何となく何切る? | main | 実戦より >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
アウトロー
最近、行きつけの雀荘のメンバーやお客さんと飲むことが多いのですが。
この雀荘はかなりレベルが高く、
自分にとってはいい勉強の場になっています。

都内の雀荘に行けば、自分はかなり打てる様に見られることが多いし、
自分より麻雀を打っているな…と思う学生を見たことはほとんどありません。
しかし、ここには学生にも関わらず自分より数段強い人がゴロゴロいます。
社会人の方で強い方も大勢います。
類は友を呼ぶ、というのは正にこういうことなのかなあと感じますね。

そんな雀荘ですから、飲みの席で麻雀談義に花を咲かせることも多いです。
最近、ある人からこんなことを言われました。

「深谷君は、勝負師としては育ちや考え方が良すぎるよね。
割と人生もマトモに送っていそうだし」

学校を2留している自分がマトモかどうかはさておき、
その言葉はかなり的確だと思います。
少なからずこんな世界にいるわけですから、

「この人は、勝負師として1流だな」

と感じる人も大勢います。
その人たちに共通していることは、

勝ちと金に貪欲であること
最終的には理屈を超越できるこ

だと思うんです。
自分はどうしても、感覚でこうしたほうがいいとは思っても、
理屈が勝ってしまう人間です。
アベレージは残せます。しかし、1つ上に行くには
技術よりも感覚を信じることが大事なんでしょう。

何事においても知識は必要です。
知っていてやらないのか、知らないからできないのか、
これは大きな違いです。

知識は自分がいくらでも教えることができます。
しかし、これから強くなろうと思っている人には、
感覚を養っていく力、感覚を信じる力を
忘れないようにしてほしいです。
| 独り言 | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 14:31 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tanosiku-3939.jugem.jp/trackback/37
トラックバック