フリスタいいとこ@いちどはおいで

インカレ麻雀サークル「Free Style」ブログ始めました。定例会やセット、その他活動内容を掲載していきます。麻雀好きよ集まれ!!
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 麻雀超入門編No.3 アガってみよう!part2 | main | 役を覚えてみませんか? タンヤオ、役牌、ホンイツ編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
役を覚えてみませんか? リーチ・ツモ編

こんばんは

どうも合田です


何切るー

って書いてから、はや3週間


続きは、、もう少ししたら書きます
すみません><;


個人的な話を少々
新年度になってから、毎週平均して80時間は勉強してたりします

なので一度もフリスタ出られていません……
6月の中旬に一瞬ひまになるので、そのときは出ようと思っているのですが……



では本題

役です

ではさっそく、
続きを読む
からどうぞ!

その前に、
「役」ってみなさんどういう風にとらえているんでしょうか?

・役がないとアガれない
・役がたくさんあれば点数が高くなる

こんなところでしょうか?
ここではさしあたり、
・役がないとアガれない
寄りに解説を進めていこうと思います


・ツモ
漢字で書くと「門前清自模」

門前というのはメンゼンの意味
自模はツモ(ツモ牌、ツモ番など、広く使われる意味のツモ)

つまり、メンゼンでテンパイして、自分のツモ牌でアガったよ
ってことです
そんな役です
当然、他の人が捨てた牌でアガったときには「ツモ」役はつきません


「役がないからツモらないとアガれない」
てなことを聞いたことが、あるいは言われたことがある人もいるかとおもいます
これは、
「役がないときはアガることができない
「しかし、メンゼンでツモったとき限定で、ツモという役が生まれるからアガることができる
ということを端折って言ったものなのです

……さらっととても大事なこと言っていますよ?
・役がないとアガることができない
・役があれば誰からでもアガれる

めっちゃ大事なことですからね!
大事なことなので何度も言いましたよ?


では次、

・リーチ
漢字で書くと「立直」

麻雀以外でリーチという言葉をよく聞く場面といえば、
ビンゴとかよく聞きますよね?
あと1つでビンゴ

麻雀でも同じです
あと1枚必要な牌を引ければアガれる
そのときにリーチと宣言することでつく役です

・ただし、メンゼンでテンパイしたときしかリーチはかけられません
・リーチを掛けると、手格好をかえることができなくなります

三萬三萬三萬七萬八萬九萬一筒一筒六筒七筒三索四索五索 

メンゼンで進めてこんな手になりました
五筒八筒待ちです

この手にほかに役があれば、リーチをかけなくてもロンアガリできます
この手の場合はどうでしょう?

えー、残念ながら役はありません
=ツモって「ツモ」役をつけないとアガれません

そんなときに便利なのが「リーチ」です
メンゼンでテンパイしさえすれば、リーチ宣言をすることで役をつけられます

ところで、「ツモ」役の条件に、「メンゼンでテンパイして〜」
という項目ありませんでしたっけ?

リーチ=メンゼンでテンパイしさえすれば、役をつけられる

……メンゼンでテンパイして、役があるか分からなかったらリーチしとけばいいんじゃないの?

そんな役です
マジです

役があるか自信がないときは、メンゼンで進めてテンパイしたらリーチをかけるようにしましょうw
それだけできれば、とりあえず麻雀っぽいことはできますよw



ここまで、
メンゼンでテンパイして〜
な役ばかりだったので、ポン、チーしてもいい役を3つ挙げていきます

と思ったのですが、

この時点で日付が変わってしまいました

眠い……

でも今日書かないと次回がいつになることやら……

でも眠い……

寝ます



最後に、、(といいつつ実は最初に書いた)

そもそも役って何?
って話を

麻雀は最終的には点棒の多い少ないを競うゲームです
アガると点棒が貰え、
アガられると点棒が減ってしまいます

では、その点数はどうやって計算されてるのでしょう?
点数を計算する基準は2つ
・メンツや雀頭にかかる点数
・あがった手の美しさの評価ポイント

「役」とは後者の「あがった手の美しさの評価ポイント」のことです
フィギュアスケートではいくつかの項目ごとに点数が集計され、その合計で点数を出しますが、
麻雀の点数計算では、この2つを掛け合わます
正確には、
「メンツや雀頭にかかる点」を、「あがった手の美しさの評価ポイント」数だけ倍倍にしていきます
役1ハンにつき、2倍
2ハンなら2倍の2倍で4倍
3ハンならさらにその倍で8倍
といった具合です

「おかしいよ!4ハンが5ハンになってもマンガンはマンガンじゃないか!」
「なんで2,000点から1ハン増えたら3,900になるんだよー!」

倍倍計算をしていくと、あっというまにとんでもない数字になってしまうため、倍倍の打ち切りラインがあったり、
計算過程でところどころ切り上げたりしているので単純な2倍にはなりませんが、
計算の基本は、あくまで倍倍です

ここらへんの細かい計算についても、次回の最後のほうで(また3週間開くフラグ?)

| - | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:27 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tanosiku-3939.jugem.jp/trackback/34
トラックバック