フリスタいいとこ@いちどはおいで

インカレ麻雀サークル「Free Style」ブログ始めました。定例会やセット、その他活動内容を掲載していきます。麻雀好きよ集まれ!!
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 新入生カミング | main | 麻雀超入門編No.1 麻雀ってなに? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
コラムNo.2 端によせる
それでは、前回の続きです。

現在の主流は、「内にに寄せる」ということを前回書きました。
タンヤオ、赤ドラが普及した現在では、ある意味自然な流れかもしれません。

しかし、麻雀の基本は「外に寄せる」なのです。
「外に寄せる」は、「端に寄せる」と言う事もあります。

そもそも、内に寄せたほうが両面になりやすい、というのが間違いです。
一概に全てが間違いというわけではないのですが、
これは多くの人が誤解していることがあるのです。

二萬五萬が合ったとします。二萬が両面になるのは三萬だけです。
五萬が両面になるのは四萬六萬がありますね。
2と5、もしくは5と8があったら、たしかに5を残すことが自分も多いです。
5が赤であるなら尚更ですね。

しかし、四萬七萬ではどうでしょう。
四萬が両面になるのは三萬五萬七萬が両面になるのは六萬九萬です。
つまり、両面になる確率は変わらないのです。

これだけではなぜアガりやすさが違うのかがわからないと思うので、
もう少し説明します。

例えば、早いリーチがかかったとき、五萬のトイツと九萬のトイツ、どちらかを
切れば、イーシャンテンになったとします。
(打点はどっちを切っても変わらないとする)
そんな時、五萬を切る人はたぶんいないでしょう。
間違いなく九萬を切るはずです。
五萬八萬ではどうでしょう。やはり八萬を切るはずです。

また、危険牌を持ってきたとき、六萬であるならばそれを使い切って
テンパイやアガリを目指すことも可能です。
しかし、九萬は手に残すと明らかに遅れます。

端の牌が切られやすい理由。それは
〔軌媼韻里Δ舛膨未蠅笋垢い隼廚辰討い
∋弔垢伴蠅遅れる

ことがあげられます。

そしてもう1つ。6巡目に三萬六萬待ちの人と六萬九萬待ちの人がいて、
場には六萬が2枚切れとします。
残り枚数6枚で、両者同じですが、山に残っている枚数は
六萬九萬(正確には三萬九萬を比べて)の方が多い確率が圧倒的に高いのです。

六萬を切っている人が三萬を持っている可能性は高いですが、
九萬を持っているケースはあまりありません。
また、使いづらい九萬は序盤に捨てられることが多く、
捨てられていないということは山に眠っている
ケースが多く存在します。


出アガリ、ツモアガリどちらを取っても、端で待つことは
大切なことです。
これを意識するだけで本当に変わってきます。

次回は、37がキー牌と呼ばれる理由とアガリやすい形を説明していきます。
| コラム | 02:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 02:57 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック