フリスタいいとこ@いちどはおいで

インカレ麻雀サークル「Free Style」ブログ始めました。定例会やセット、その他活動内容を掲載していきます。麻雀好きよ集まれ!!
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
新入生カミング
タイトルそのまんまですね。



タバコを優雅に吹かしている仲川プロの奥で、東山(とうやま)君が打っています。
初々しいのう。


どうでもいい情報として、彼はいい匂いがするんですね。
あだ名はアロマかフローラルで決定です。
すごくいい子でした。
これからも楽しんでくれると嬉しいです。





これはネタです。一体何シャンテンなのか…
プレイヤーはもちろん、不思議系雀士の雷電君です。
しっかり笑いを取ってくれました!


自分はというと、トップも笑いも取れませんでした。ションボリ。


後輩への本日の課題

三萬四萬五萬赤三筒四筒二索二索三索四索四索五索六索七索

橋本君の手牌より。どれでテンパイするかを考えてください。
これくらいは、すぐに答えられるようにして欲しいですね。
| セット | 00:54 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
そして10月へ
アニョハセヨ!乗り遅れた韓流ブームを流行らせようとする代表・深谷です。


早いもので、もう10月になりますか。1年の半分がすでに過ぎたわけです。
初々しかった1年生たちも、大分慣れてきたようです。
もう半年たてば、彼らも先輩になっているんですね…。





今日は、私服姿の仲川プロ(かなりレアです!)も交えて,
先日の赤龍王大会決勝の牌譜を見直しました。
普段、こういうことはあまりしないですが、やはり勉強になりますね。


フリーやセットは、1局単位での勝負。
トップを取るだけが目的じゃなく、一つでも上に、少しでも点数を…というのが普通。
しかし、大会ではトップを取った人だけが偉い。
独特の空気に、普段は見ることのできないプレーも飛び出します。
いつか自分が決勝に行ったときにも…なんていうのも考えてしまいますね。


夏休みは終わりましたが、また気合を入れて麻雀をしていきたいと思います。
そろそろ、赤龍王大会の自戦記をアップしていきたいと思うので、
まだ書いていない人は書くんだ!


そうそう、今更気づいたのですが。
今年の1年生は、あだ名が無いんです。

というわけで、あだ名募集します。
強烈なインパクトのあるヤツをお願いしますね。

春山=ゲルニカみたいな。。。
| セット | 12:12 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
赤龍王 直前セット
 赤龍王大会直前のセット。ということだからかはわからないが、久しぶりに2卓立った。





先週から来たのは、慶応大学4年のかじ。就活で仲良くなった友達だ。残念ながら(?)、彼は就職は決まっているが。彼はとにかくオーラが無い。大物手をテンパイしても、全く気配が無い。それが個人的にはかなりのツボである。

今日から参加は、自分と同じ理科大2年の服部。とにかく楽しそうに麻雀を打つ、どこか憎めないヤツである。





大会直前ということもあって、みんな少し真面目モード。それはそうだろう、何せ賞金10万円である。少なくとも宝くじよりは効率がいいと思う。

今大会は3回目であるが、1回目の大会が開催されたのは自分が大学に入った年の2月が3月だった。そこで自分は優勝し、仲川さんに誘われ、RMUやフリースタイルの代表になって。トッププロの方と仲良くなったり、自分より年下の学生とセットをする機会も増えた。麻雀繋がりで色んな人と知り合うことができたのだ。縁とはなんとも不思議なものである。


そんな感傷にひたりつつ麻雀をしていたのだが、今日はいかんせん身が入っていない。寝不足などもあるが、ぬるいプレーの連続である。うっかり字牌を切って春山に振り込んだり、東を3枚切っているとは言え国士無双テンパイの雷電に気がつかないetc…。


少し大会用の麻雀を…と思ったというのもあるのだが、あまり気にしすぎてはいけないみたいである。大会で120%の力を出す、なんていうのは無理な話。自分の力を出せる範囲で出すべきだろう。調子の悪かった人は、あまり肩肘はらないで自然に打つことを心がけて欲しい。


自分とは対照的に、この日全連帯の春山や、押し引きが良い雷電は非常に調子が良かったみたいである。このままの好調を維持して大会に臨んで欲しい。そして池内は、






初役満。何かを感じずにはいられない。




フリースタイルで優勝するぞ!
| セット | 13:57 | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |↑PAGE TOP